自覚があればすぐに受診を

女性

情報をまとめて受診する

統合失調症は代表的な精神病の一つです。症状に妄想や幻覚など、現実には起きていないことが本人の中で起きるのが特徴です。それから、以前より仕事の能率が下がる、もしくは自己管理や人間関係に問題が生じるようになることも少なくありません。統合失調症は発症後早期に診断し治療を始めた人ほど、見通しが明るい精神病です。被害妄想の傾向が強いかもしれないと自分で気付いたときには注意して、場合によっては精神科の受診を考えます。とは言っても症状の現れ方は千差万別ですし、初期症状が目立たない人や、症状に自分で気付かない人もいます。周りの人も気をつけてあげるのが理想です。そして、双極性障害も躁状態のときに妄想や幻覚が出る場合があります。躁状態のときは力が漲って万能感があるので、本人は病職を抱きにくいです。でも、うつ状態に入ったときには気分の落ち込みや睡眠の質の低下などが長く続くようになります。そのときに迷わず受診したいところですが、うつ病と診断されてしまわないように、極端に元気な時期がなかったか過去を振り返ってみましょう。精神病を診断できる主な医療機関は精神科です。精神病の診断は体の検査よりも問診が重要な位置を占めており、それには慎重さが求められるので、初回の問診には十分な時間をかける医療機関が多いです。受診の際は予約を入れてから、時間に余裕を持って来院してください。精神病は様々な精神障害の症状と重なる部分が多々あるので、本人や本人の様子を良く知る人からの情報が何よりも大切です。問診では症状と現れた時期、その経過を聞かれ、さらに生活に支障を来たしている程度も問われます。これまでに罹った病気や育った環境、家族の病歴なども必要な情報です。特に家族の病歴などは聞かれてもとっさには答えられない人が多いので、受診前に症状を含めて、できるだけ多くの情報をまとめていくと良いです。精神病では本人が受診を拒否して家族が困る、という状況も起こりやすいです。説得して本人が能動的に医療機関に足を向けるのが大事なため、家族は本人に困りごとがないか聞いてみるといいでしょう。また、状況次第では問診をしてもらえることもあるので、家族だけが受診するのも一案です。