心の病気にも種類がある

男性

研究も進んでいる

精神科・心療内科で診断される精神病、その種類も、障害や失調症と名が付くものまであります。識別しにくい病気や状態のものまでがあり、代表的な精神機能障害となるのはうつ病でしょう。うつ病との認識が難しいものの1つは、適応障害で、周囲の環境や状況が要因で、ある状況下で症状が強く現れ、それ以外では軽くなったりします。うつ病も適応障害も、精神療法やカウンセリングなどが、病院での代表的な治療法です。他に、精神病の種類には、思考のまとまりがつきにくくなる統合失調症や、危険を感じて自由に動けなくなる不安障害もあります。これらはどれも、脳神経の働きと関係していることまでが、医療機関の研究などから分かっています。現在、精神病の診断には、曖昧な表現や心という言葉を使わなくても、原因や要因など、きちんとした説明が医師から聞けるまでになっています。世間一般に、精神病のイメージは、心の病気という見方で、白い目で見られるなど、距離もまだ縮まっていません。しかし、診断には脳波の検査や血液検査もあり、様々な体の変調が起こる体の病気でもあるのです。自暴自棄に陥り、命を蔑ろにする可能性もあるため、精神病の診断に誤診があってはなりません。精神科・心療内科への受診さえ拒絶する患者も少なくはなく、修羅場となることもあるようです。精神病の診断は精神科、あるいは心療内科で行いますが、その種類によって神経内科という診療科を併せて受診する必要もあります。この科目は、脳梗塞などの血管障害や、神経の障害を専門としていますが、実のところ、精神病は身体機能が密接に結びついています。脳血管障害にかかっている人が、精神病にかかりやすくなる報告もされているほどです。精神病ではないにしても、例えば、末期がんの患者は、がん病棟で治療を受けますが、うつ病などにかからないために精神科も利用します。がんの治療を受けているものの、不安感が強くて眠れない、こうした相談に対して、不安障害なのかうつ病なのか、診断しなければならないこともあります。判断材料は、密接に結びついている精神機能と身体機能、両方を検査することにあるようです。

病院

多くの情報を参考にしよう

心療内科で精神病の治療が行われるようになっており、医師と面談しながら進められます。面談時に多くの診断を行うため、悩み相談を行ってくれる病院を選ぶことが重要です。治療費用は安価であり減額制度も適用されるため、安心して治療できると評判です。

詳しく見る

女性

自覚があればすぐに受診を

被害妄想が沸いてきたり、生活に困ったことが起きるようになったりしたら精神病の可能性が否定できません。精神病の疑いがあるときは、精神科を予約の上で受診します。症状や既往歴、家族歴などの情報をできるだけ沢山まとめておくと診断の助けになります。

詳しく見る

診察

誰にでも起きる心の病

精神病は、誰でも患う可能性も高く、社会に適応できなくなる可能性が高まります。精神病は、気分障害や不安障害など、いくつかの種類に分類されます。治療は、初診で傾聴しながら診断をする中で、治療に合った精神療法を考えます。

詳しく見る

女性

精神疾患を正しく知ろう

精神病の診断は受けて終わりではなく、治療のために必要なことを主治医からよく聞き、継続的に向き合うことです。その際は患者だけでなく、家族や職場、友人の理解が必要です。精神病は患者毎に感じ方が違うからです。焦らず患者のペースで向き合うことです。

詳しく見る

医者

病院を利用するメリット

精神病患者はとても純粋で誠実な方々です。病気の診断結果で治療方法は異なりますが、病気を完治するには長い時間がかかります。家族や周囲の方々の協力が必要不可欠です。患者は努力して治療をしようとしています。

詳しく見る